ホーム岡田文化財団についてごあいさつ

ごあいさつ

理事長 岡田卓也

公益財団法人岡田文化財団は、1979年の設立以来、多くの皆様に支えられ、三重県の芸術文化振興に寄与してまいりました。

財団設立当時、我が国はようやく敗戦の痛手から立ちなおり、順調に発展成長してまいりましたが、経済的な成長だけが優先されて、どちらかと云えば、文化的な面が忘れられがちになっておりました。 そうした折、やはり日本人にとって大切な事は、日本の良き風土、歴史、そして文化ということに、改めて関心を高めていただく必要があるのではないかと思っておりました。 特に私は、三重県で育てていただいたとの強い思いの中で、何等の形で郷里の三重県に対して、ご恩返しをしたいとも考えておりました。 丁度その頃、三重県美術館建設問題がとりざたされておりましたので、この問題に対して、私なりの援助、協力をしていこうと、この岡田文化財団を設立致しました。

そして、三重県立美術館へシャガールの代表作「枝」や三重県出身の日本画の大家宇田萩邨の「祇園の雨」などを寄贈してまいりました。また、三重県には多くの伝統産業があります。 萬古焼、伊賀焼、そして鈴鹿墨などが国から伝統的工芸品と指定されています。これ以外にも県指定の伝統産業も数々ありますから、これらを振興していく目的で「財団法人ふるさと伝統産業振興岡田財団」を1989年に創立致しました。

その後、1999年に岡田文化財団と合併し、すぐれた芸術・美術などを鑑賞し、幅広く文化を享受していただく機会を提供してまいりました。更に、2005年4月には、小嶋千鶴子氏から美術館「パラミタミュージアム」の寄附を受け、財団が直接美術館を運営することとなりました。 この「パラミタミュージアム」では常設展として、739点もの池田満寿夫「般若心経シリーズ」、小嶋三郎一の「遺作絵画」や「古萬古シリーズ」等々の作品を展示開催しております。他方、多彩な寄贈コレクション群からの魅力あふれる所蔵作品展や国内外から注目されている作品の企画展もタイムリーに開催しております。

今後も、県民文化の向上発展を願いつつ、優れた芸術文化を鑑賞する機会の提供と、その拡大を推進し、同時に県内の伝統工芸・文化財の保存・育成と伝統産業を振興するために、更なる努力を続けて参ります。

理事長 岡田卓也